語学留学とワーホリの違いって?

カナダ

どうも!こんにちは!たかとです!!みなさんワーホリって知ってますか?海外で働きながら英語を学ぶって思っている人が多いと思います。

今回はワーホリと語学留学ってどう違うのって人のために実際にカナダにワーホリしている僕の友達にいろいろとワーホリの実際のところを記事にしてもらいました!

スポンサードサーチ

自己紹介

こんにちは。たかとの友達の睦月です。たかととは大学一回生のときイギリス留学に共に参加し、今では第2のお父さんだと思っています。

いっぱい助けていただいたので少しは助けてあげるかあとブログを書き書きさせていただきます!

私は大学3回生になる前に1年間大学を休学をし、カナダへワーキングホリデーをしに行きました。

ワーキングホリデーは海外で語学を勉強しながら1年間働けることができるビザです。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドが主流ですが韓国やヨーロッパの国々にもこの制度はあるみたいです。

私の経験をもとに、誰かに興味を持ってもらえるように、行きたい人に充実した生活を送れるように少しでもためになれたら嬉しいなと思います。見てくれる人がいれば!いるのかな?

カナダ主点となりますが、では始めます。

ワーホリと語学留学の違い

働けるか学校に行くかの違いです。ワーホリビザでは語学学校に行くこともできるので、先に語学学校に行った後仕事を始める人も多いと思います。

ワーホリと語学留学どちらが英語力が上がるかは、人それぞれだと思います。仕事をしているとお客さんやcoworkerなど話す機会は増えますが、英語を話す機会を増やすことはどんな形の留学でもできるので、行動しだいで伸びるかは変わってくると思います。

語学学校では先生が間違った英語を直してくれるのでそこは語学留学のメリットだと思います。

スポンサードサーチ

ワーホリでの仕事

私は主に3つの仕事を経験しました。

最初から最後まで働いたカフェ(8ヶ月)、ドーナツチェーンのファストフード店(2ヶ月半)、日本食レストラン(2ヶ月)で合計で4ヶ月半は二つの仕事を同時にしていました。

私は本当に幸いなことに、日本人と働くことはありませんでした!日本レストランは中華風で、ほぼ中国人しか働いていなかったので応募しました。

バンクーバーなどの大都市ではカフェだったら1人や2人は日本人が働いているイメージがあります。

特にスタバは働く場所として日本人にとても人気です!(スタバ応募したんですけど面接して落とされました(笑))

ちなみに私はカナダのビクトリアという美しい小さな街に住んでいました。アジア人は多かったです。

ワーホリの特徴

仕事経験ができる、お金が稼げる以外に思いついたことを書きます。

ワーホリのメリット

文化を学べる機会が多い

カナダのメリットにもなりますが、移民大国で様々な国の人と関わることができます。

私の経験では、カナダ、フランス、中国、ベトナム、韓国、フィリピン、インド、シリア…の国の人が職場にいました。

語学学校には他にも、メキシコ、コロンビア、ブラジル、サウジアラビアの友達がいたり、シェアハウスではオーナーがスイス人だったり、旅先やお客さんとの出会いなど、この1年で沢山の国の人と自然に関わってきたなぁと思います。

語学学校と違うのは、仕事があるので人と出会う機会が多いことです。ネイティブとばっかり話したい!っていう人もいるかもしれないんですが、たくさんの文化を学べることは本当に価値があると思います!!

どの国関係なくみんな英語で話すので、文化も知れて一石二鳥でした。そういう面でカナダのワーホリをおすすめします☺️

時間の余裕

時間はたくさんあります!特に1つの仕事しかしていない時はすごく時間がありました。テストなど追われるものがなかったので本当に自由という感じでした。

語学学校に行く、友達と遊びまくる、違う勉強をしたり趣味を探すなど、新たな好きなことを始めれるきっかけにもなります。

ちなみに、meetupというコミュニティに積極的に参加をするのをおすすめします!

ワーホリのデメリット

時間がありすぎてだらけてしまう、もしくは働いているだけになる

時間の余裕がある、そしてそれが約1年なので途中でマンネリ化に陥ります。

ワーホリは私的に言い方を変えると、「フリーターin海外」だと思います。

私はずっと学生だったのでフリーター経験はありませんでした。ワーホリの仕事は殆どがアルバイトでできるような仕事になります(カフェ、レストランなど)。

日本では学校とバイトを両立していたのが、カナダに来てバイトのみになってしまい始めは時間の多さに戸惑いました。

なので時間をうまく使えないとずっとだらだらしていたりこれで大丈夫なのかな?という生活になりかねません。私は1つの仕事に絞った直後にだらだら生活をしてしまい、このままではいけない!と思いました。

スポンサードサーチ

ワーホリをする前に準備したこと

英語力

英語力は元々つけていった方が絶対に絶対にいいです。私は大学1回の秋学期にイギリス留学3ヶ月とフィリピン語学留学2ヶ月半を経験しました。

この留学をしていたおかげでワーホリが英語の「実践」の機会になり、すごく楽しめることができたと思います。

カナダで仕事を始める前に3ヶ月ほど語学学校に通うか、もしくは日本で努力をして会話力を身につけてから行くことを心の底からおすすめします。

日本でどう英語を伸ばすかはこのサイトのどこかの記事であると思います!

お金

私は学生なので超たくさんアルバイトをして約80万円準備しました。もし学生にアドバイスをするなら、そんなに働くより英語の勉強をして、友達や家族との時間を大切にし、足りない分は親に協力してもらった方がいいと大きな声で言いたいです!

私の場合の概要:

  • 初めの語学学校とホームステイ1ヶ月代
  • ビザ代
  • 片道航空券代
  • 大学の休学費用
  • シェアハウスのデポジット
  • 最初の家賃
  • 働き出すまでの生活費…

これらを含めて約45〜50万円。節約のために保険には加入しませんでした。

語学学校に1ヶ月行くなら最低50万円あればなんとかなると思います!

しかしすぐ仕事が見つかる保証もないので、心の余裕や旅行のために80万円くらい用意しておくのがベストだと思います!心の余裕は大事です。できるだけ多くあれば安心☺️

ビザ

カナダのワーホリビザは抽選となっていますが、ほぼ受かります。年間6500人の日本人に支給されます。

個人でも順序を正しく踏めばすんなり取得できますが、私は無料でビザを申請してくれるエージェントに託しました。

申請してからビザが降りるまでは私の場合3ヶ月少しかかりましたが、1ヶ月や4ヶ月の人もいました。ビザ代は1万3千円くらい。

ワーホリする人におすすめすること

生活を充実させるために個人的にもう一つや二つ何か学ぶことを増やすことをおすすめします!

ワーホリは働いてるだけなので勉強はあまりしないイメージです…

例えば、フランス語や中国語など英語以外の言語を習得してみる。(カナダは色んな国の人がいるので他の言語を習得しやすいと思います)

自分の専攻に関わることを勉強してみる、趣味を深める…などなどなど!

ワーホリは働くことがメインなので勉強を生活に入れると充実度がぐんと上がると思います。めちゃめちゃ個人的意見です!

なぜ勉強かというと、学んだ!という得るものや達成感があるからです。本当に個人の意見です。(2回目)

私はワーホリに行く前に、きっと自由な時間が多いだろうなーと思って日本から趣味の勉強を持ってきてカナダでも勉強していました。週3くらいでルームメイトや大学生の友達と仕事後に図書館やカフェに行って勉強していたのはいい思い出です😊

勉強じゃなくてもスポーツとか趣味とか何かに打ち込めたら素敵だと思います😊私は運動が大嫌いなので趣味の勉強をすることにしました(笑)

スポンサードサーチ

まとめ

長々と書きましたが以上でほぼ説明できたかなと思います。ワーホリについての概要や良さを知っていただけたら幸いです。では!

ABOUTこの記事を書いた人

どうもタカトです!!関西大学3回生です!!大学1回の時にイギリスに短期留学して英語力めっちゃ伸ばして帰ってきて、大学2年でアメリカのサンフランシスコに1週間アポなしで企業訪問したりして、チャレンジ好きです!いろいろ僕の経験をみんなとシェアできたらいいなと思っています!!