英語できる人が困る英会話術!英語できないから脱出

日常英会話

どうも!こんにちは!たかとです!!英会話って意外と難しいですよね。いざ英会話をするってなっても話すトピックなどによっていろいろと話すことも変わってくるし、会話についていくのすらできないことなんて多々。

英語を始めたての人からしたらかなりハードルが高いですよね。

ただ、この記事で紹介するとっておきのフレーズさえ覚えてしまえば、英語ができる人と普通に英会話ができるようになるので、そのフレーズをみなさんに紹介していきたいと思います。

スポンサードサーチ

英会話をするときの心得

英会話をするにあたってまずこれから伝えることを心得として覚えておくことで英会話を楽しくできるので、しっかりと頭に入れておいてください。

対等な関係

英会話をするにおいて、相手がネイティブや英語上級者だからといって変に自分が下と思う必要はありません

英会話はテストや試験ではないので、できなくても減点されることはありません。

英会話に慣れてない人は自分があまり英語が得意じゃないからと言って、どうしても相手を上に見がちです。

また、相手が上で自分が下と思ってしまうと、どうしても英語を話すことに積極的になれません。

なので、英会話をするにおいてあくまで両者は対等な関係ということを頭において置くことで、より積極的に英語を話すことができます。

間違ってもいい

先ほども言いましたが、英会話はテストではないので、間違っても全然問題ないです。減点されるわけでもないし、誰かに怒られることもないので、ミスを恐れずに自分が思う英語をどんどんと話していきましょう。

そして間違ったことに気づいたらあとでしっかりと復習するようにしましょう。そうすることで英語力も自然とついてきて、英会話がさらに楽しくなります。

黙るのが一番よくない

英語だけに限らず、会話なのでしっかりとコミュニケーションを取らないといけないので、黙り込んでしまうのはよくありません。英語がわからないからといって黙り込んでしまうと相手が困ります。

なので、わからないのならわからないということを相手に伝えましょう。ただわからないと伝えるのではなく、具体的に何がわからないのかも相手に伝えましょう。

相手が言っていることがわからないのか、自分が言いたいことをどう英語にしたらいいのかわからないのかなどを伝えることで、相手が言っていることがわからないのであれば、相手ももう少し簡単な英語で言ってくれたり、遅く話してくれたりなど対応してくれます。

会話は言葉のキャッチボールなので、ボールを受けたら何かしら返すというのをしっかりと頭に入れておきましょう。あなたが返すボールがどんなボールでも相手はしっかりと受け止めてくれるはずなので、ボールを持ったままは避けるようにしましょう。

いい意味で開き直る

英会話を楽しむ秘訣としていい意味で開き直ることも大事です。間違って当然。だって英会話始めたばかりだし。という気持ちでいると少しは楽になるかもしれません。

そもそもネイティブの人はあなたの英語力がどんだけあるかなどはあまり興味なく、しっかりとコミュニケーションを取ってくれればそれでいいのです。

僕たち日本人も海外からの観光客の人が日本語でありがとうって言ってくれるだけで少し嬉しく感じますよね?英語もそれと同じで、自分の国の言葉をつたなくてもいいので話してくれるだけで嬉しいということです。

僕はこれを知ってから、英会話がさらに楽しくなりました。なので、いい意味で開き直ると英会話も楽しくなるということです。

  • 対等な関係
  • 間違ってもいい
  • 黙るのが一番よくない
  • いい意味で開き直る

英会話上達のとっておきのフレーズ

それでは英会話をするにおいての心得を伝えたところでここからが本題になります。

英会話で大事なことはいかに会話の主導権を握るかです。英語力に自信がないうちはどうしても質問されて答えるということが多くなってしまいますが、会話の主導権を握るためには質問をする必要があります。

今から紹介する2フレーズを知っておくと、英語力に自信がなくてもどんどん質問ができ、英語ができる人が逆に困るという状況になるので、英会話初心者の人が英語がわからなくて困るということもなくなるので、しっかりと覚えて英会話に生かしていきましょう。

言いたい単語がわからないとき

自分が英語で言いたいこと単語やこの文章どう英語にしたらいいかわからないときに使えるのが”How do you say ○○ in English?”です。

これは「英語で○○はなんて言いますか?」という意味で、これを応用させると

How do you pronounce ○○ 「○○はどう発音しますか?」

How do you spell ○○ 「○○のスペルはなんですか?」

といろいろと使えます。

相手が日本語も理解できるのであれば、○○の部分を日本語にして聞くことで相手がそれに合う英語を教えてくれるので、英語力をつけるのにも使えるフレーズです。

またこのフレーズを使うことで、もし相手が日本人であれば相手も英語力をつけることができます。

なぜかというと、僕も英会話をしていて、一度相手から

“How do you say この角度から見えるスカイツリーが絶妙に映えてる in English?”と聞かれて、絶妙にってどう表現するんやと普段使わない表現だったのでスッと出てきませんでした。

“絶妙な”ってニュアンス自分やったらどう伝えるかなと考えるきっかけにもなるので、このフレーズを使うことで英語ができる人の勉強にもなるので、積極的に使っていきましょう。

ちなみに「この角度から見えるスカイツリーが絶妙に映えてる」を僕なら

“Skytree from this angle is the best”とこの角度からのスカイツリーが一番綺麗っていうのが伝わればいいかなと思って、僕ならこう表現しますね。

  • 言いたい単語がわからないときは”How do you say ○○ in English?”

相手が言ったことや意味がわからないとき

次に相手が言ったことに対して単語の意味や文章の意味がわからなかったときに使えるのが”What does 〇〇 mean?”です。

これは「〇〇 はどういう意味ですか?」という意味で、〇〇 に相手が言った単語や文章を入れましょう。

英会話初心者の人は英会話をしていてわからない単語がたくさん出てくると思いますが、わからないことをそのままにするのではなくて、しっかりとわからないところをこのフレーズを使って聞きましょう。

この質問を受けた相手はあなたのわからない単語をもう少し簡単な単語で言ってくれたり、その単語を説明してくれます。

このフレーズを使うことであなたがわからないということを相手に伝えることができるので、しっかりとコミュニケーションを取れているため、相手も困ることなく、むしろこの単語をどうやって理解してもらったらいいのかと考えることになるので、逆に相手が困る可能性もあります。

僕も一度インスタ映えってどういうものって聞かれてそれを英語で説明するのに苦戦したことがあります。

このフレーズもどんどん積極的に使うことであなたのボキャブラリーが増えるだけでなく、相手の英語力も上がるのでためらわずどんどん使っていきましょう。

  • 相手が言ったことや意味がわからないとき”What does 〇〇 mean?”

スポンサードサーチ

もっと英会話レベルを上げるために

ここから英会話レベルをさらに上げるために、あるいは英語ができる人が英会話をさらに質の高いものにできるようにしとくといいことを紹介していきたいと思います。

英語で説明できる力をつける

英会話初心者の人は先ほど紹介したフレーズをどんどん使ってくることでしょう。その時にしっかりと説明できる力をつけておきましょう。

英会話歴が長くてある程度の英語に自信があっても自分に関連しないことだと、意外とこれどうやって表現したらいいんだろうってなります。

なので普段からこれどう説明しようかなと考えるクセをつけましょう。

例えば身の回りのものとかで、自分だったらイスをイスがわからない人にどう説明するかなって考えることで英語力だけでなく描写力や語彙力も鍛えれることができるので、表現力のアップにもつながるので、普段から自分ならどう説明するかなを考えてみましょう。

英英辞典を使う

英語で説明する力をつけるために英英辞典も活用してみましょう。英英辞典は英語の単語を英語で説明されているので、自分の説明がしっかりとまとを得たものなのか答え合わせにも使えます。

また英英辞典には類義語や対義語なども一緒に乗っているので、もし単語の意味が通じなかった場合に類義語や対義語を知っているとそれを使って説明できるので、相手に伝わりやすい説明ができるので、ぜひ英英辞典も活用してみましょう。

まとめ

以上が、英会話初心者が英会話を楽しむために知っておくといいフレーズです。

英会話はあくまでも会話なので、やっぱりわからないから黙り込んでしまうというのが自分も相手も困ります。

そうならないためにも英会話初心者でも質問がどんどんできるように今回紹介したフレーズをどんどん使って英語できる人が逆に困るくらい積極的に英会話をすることで英会話がハードルの高いものから楽しいものになるので、今回紹介した2つのフレーズをどんどん活用していってください。

ABOUTこの記事を書いた人

どうもタカトです!!関西大学3回生です!!大学1回の時にイギリスに短期留学して英語力めっちゃ伸ばして帰ってきて、大学2年でアメリカのサンフランシスコに1週間アポなしで企業訪問したりして、チャレンジ好きです!いろいろ僕の経験をみんなとシェアできたらいいなと思っています!!