チャットで使う略語を紹介します!

日常英会話

こんにちは、ゆりかです。外国人とメッセージをしていると、Sup, Cuz, Soz…などいろいろな略語が使われます。

今日は私がこっちに来てから初めて知ったもの、よく外国人が使うものを紹介していきます!

sup

この表現を見たことありますか?私はアメリカにいた当時は見たことなくて、イギリスに来てから知りました。

SupとはWhat’s upのことだそうです。

友達がよくFacebookのメッセンジャーでHey, Supというのを使っています。

外国人はすれ違いにHey, What’s up?などと声をかけてたりします。これは一種の挨拶なので、本当によく使います。

soz

こちらもよくみる表現だと思います。Britishの友達、Benに教えてもらいました。

Sorryのことです。

kk

こちらもSozと同じようにBenに教えてもらいました。テイラースウィフトなどもよく使う表現だそうです。

こちらの意味はOkeyやI got itなどのように了解!という意味を含む表現です。

tysm

別の外国人の友達とメッセンジャーをしていたらtysmと送られてきて、なんだこれ!と思いました(笑)

Thank you so much.のことです。日常会話でよく使えますね。

wbu

メッセージをしているとこちらもよく使います。

What about you?という意味です。

前回紹介したWhat you up to then?の後にwbuと使うことが多いです。What you up to then? と共に覚えておくと便利だと思います。

tbh

先ほど紹介した5つよりは使用頻度が少ないかもしれません。

こちらはTo be honestという意味です。

最後に

今回紹介した略語はイギリス人だけでなくて、他の留学生もよく使っています。他にもたくさんあるのでまた次回紹介します。

初めて見るとなんだこれ!と思うものばかりですが、チャットをするときにとても便利なので是非覚えてみてください!

ABOUTこの記事を書いた人

イギリスのカンタベリーに留学中の大学2年生のYurikaです。高校1年生の時にイギリスに短期留学し、その翌年にアメリカのテキサス州に1年留学しました。